<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

薬の残留

気になる話
人糞を堆肥化しようとして、人糞を原料にして 作った。。。。
あまり堆肥の質が良くない。。。。。。。。
人々が、薬品を使いすぎている為、
糞の中に薬剤が残留しており
できた堆肥にも薬剤の残留があった。とか
発酵が悪くなり良質堆肥に成らなかった。とか。。。

弊社の堆肥は良質であるとの評価を頂いています。
豚糞が原料です。  
豚に薬剤を使わないで育てるのをもっとうにしているから、
良い堆肥ができたものと思われ
食品である 豚肉を、安心安全に美味しく
食べて頂くため
今後ともこだわり続けていきます。
しゃちょう * 本当? * 08:56 * comments(0) * - * - -

現場の仕事-(離乳)

現場の仕事シリーズ

---- 離乳(りにゅう) ----

子豚への授乳期間である3〜4週間が終わった母豚を
繁殖豚舎へ戻すことです。

大体1週間に6〜8頭の母豚を繁殖豚舎へ戻します。

母豚上げと逆の順路をコンパネ等で作り、
繁殖豚舎へと誘導します。

母豚が離れる子豚はというと...

離乳する1週間程前から子豚には
餌箱の受け皿に餌を与え、
餌の場所や味を覚えさせたり、
水の出し方を覚えさせます。

きのりん * 現場 * 15:14 * comments(0) * - * - -

現場の仕事-(水洗)

現場の仕事シリーズ

---- 分娩豚舎の水洗(すいせん) ----

豚さん達が、病気に成って死亡したり、発育が悪く成ったり、
飼料効率の悪化をなくす為、
子豚移動で空になった部屋を
高圧ジェット噴射洗浄機で水洗&消毒します。(これ↓)


水洗と言っても水ではなく、100℃の熱湯で行います。
細菌やウイルスなどを死滅させる為。

最高圧で行わないと汚れや糞がきれいに落ちません。
はね返りのお湯が結構当たるので雨ガッパ必須です。
汚れをきれいに落とした後に、仕上げとして消毒します。

水洗後の部屋(↓)


また最後に水洗した豚舎の通路も水洗&消毒して終わりです。

きのりん * 現場 * 15:22 * comments(1) * - * - -

現場の仕事-(キバ切り)

現場の仕事シリーズ

---- キバ切り(きばきり) ----

生まれたばかりの子豚のキバを切ることです。

生まれたばかりなのに
結構鋭いキバを持ってます。
上下左右に各2本ずつ生えてます。
噛まれたらかなり痛いです。(実際痛かったよぉ〜)

なんで、キバを切るか?

それはね...
子豚が成長するために必要なんです。

キバがあるとどうなるか?
母豚が子豚に授乳させないんです。
おっぱいが痛いから...。
ということでキバを切るんです。

キバ切りだからこれで終わりと思ったら大間違い。
あと、2箇所切るところがあるんです。

ひとつは、尻尾です。
だいたい1/4〜1/3くらい切ります。

なんで、尻尾を切るか?

それはね...
他の子豚から自分を守るためです。

尻尾を切らないとどうなるか?
他の子豚が長い尻尾を面白がって噛んだりして傷つけて
そこからバイ菌が入るんです。
最悪死に至ることもあるので尻尾を切るんです。

もうひとつは、耳を切ります。
耳を切り落とすのではなく耳刻(耳番号)を入れます。
(同じ母豚から生まれた子豚は全て同じ耳刻です)

なんで、耳刻を入れるのか?

それはね...
豚を管理するために入れるのです。
この耳刻で、その豚の父母、生まれた日がわかります。
わかりやすく言うと、耳刻は豚の戸籍です。

最後に、子豚に鉄剤の注射をしてキバ切り完了です。

このキバ切り、最初見た時は...(言葉が出ない)でした。
今では何の抵抗もありませんけどね。

ちなみにこれ(↓)がキバ切り道具一式です。


上:ニッパ(これでキバと尻尾を切ります)
中:耳刻器(これで耳刻を入れます)
下:注射器(これで鉄剤を注射します)

きのりん * 現場 * 15:25 * comments(0) * - * - -

すっかり秋だなぁ〜

季節もすっかり秋らしくなってきました。

先週、現場の農場でいいものを
しゃちょうにいただきました。

秋の味覚定番...そうです。(↓)


現場にはいろんな木があるんだけど、
きのりんは、木を見ただけでは何の木か全くわかりません。
実がついて初めてこんな木もあるんだぁ〜と気づきます。

きのりんの子供たちも
実際に加工されてないを生で見るのは初めてで、
思ったよりイガイガが痛いのには
ビックリしていました。

このは今は、玄関に飾っています。
(風情がありますよ)

その後はもちろん、
美味しくいただく予定です。

きのりん * ひとり言 * 16:40 * comments(0) * - * - -

現場の仕事-(母豚上げ)

現場の仕事シリーズ

---- 母豚上げ(ぼとんあげ) ----

分娩間近(予定の7日〜4日前)の母豚を分娩準備のため
繁殖豚舎から分娩豚舎に移すことです。
大体1週間に6〜8頭です。

分娩予定日が早い順に部屋を詰めていきます。
分娩豚舎までの順路をコンパネ等できちんと作っていれば、
だいたいおとなしく移動してくれます。

分娩豚舎に移動した母豚は子豚を生んだ後、
約3週間子豚に授乳し、
再び繁殖豚舎へ戻ります。

予定通り分娩してくれたら良いのですが、
それはやはり生き物、
そう都合よくはいかない時もあります。
そういう場合は「舎内移動」で部屋を変えることもあります。

きのりん * 現場 * 16:41 * comments(0) * - * - -

久々のブログだよ

最近......現場が忙しくて......
ブログ書く暇がなかった......
今日はなんとか時間を造りました。

きのりんは現場で何やってるかって?

‐弾覗罎両弾捻娶魎后閉一:6箇所)
∧娩豚舎の
 ・母豚の飼養管理(午前/夕方)
 ・母豚の糞かき(午前)
 ・子豚の餌調合(随時)
 ・子豚の飼養管理(随時)
 ・温度管理(随時)
K榮のメインイベント(午前:曜日によって変わる)
 ・母豚上げ/子豚移動/離乳/体重チェック/出荷等々
  (ちなみに今日は出荷でした。バテたよ)
な娩豚舎見回り(随時)
ト酵豚舎見回り(随時)
子豚が生まれていれば「キバ切り」(午前または午後)
А峪卞攬榮亜廚里△箸覆蘓綫(午後)
┫超整備等々(随時)

おおざっぱにこんな感じです。
本当はもっといろいろやってるのですが
説明が難しいので省略します。

メインイベントの詳しい説明は
今後アップしていきますね。

きのりん * 現場 * 18:25 * comments(0) * - * - -

▼・。・▼ 家で飼えるんだったら...

最近、「ナナ」が朝の打ち合わせに出てきます。

だいぶん人にも慣れてきたみたい...

きのりんにもお腹見せて撫でてって....

可愛すぎ、自分の家で飼えるんだったら

しゃちょうに譲ってもらいたいほどです。
ナナ

きのりん * ひとり言 * 18:54 * comments(0) * - * - -

こんなのもいた

昨日、海にビナ貝とりに行ってきました。
ビナ貝はいつものように大収穫。

で、こんなのもいたよ。


お店に売っているカニほど大きくはないけど、
でもダシにしたら美味しいよねぇ〜
このカニの運命はどうなったでしょう?
  ̄茹でして食べられた
 ¬A構舛離瀬靴砲覆辰
 3い鵬鯤され自由の身になった

きのりん * 休日 * 18:20 * comments(0) * - * - -

ニガウリの美味しい料理方法

ニガウリ、苦手な人多いと思いますが、
美味しくいただける料理の仕方があるみたいです。

嫁さんが作っても苦味があまりなく、
非常に食べやすかったです。
お試しあれ。

嫁さんの調理方法です。

まず、食べる日の朝に
.縫ウリを切って、種をとる
∪擇辰織縫ウリを茹でる(塩少々)
hГ任織縫ウリを水にさらす(夕方までね)

で、夕方
.縫ウリの水をきる
一緒に入れる豚肉や丸天等を切る
Lで豚肉を炒める
ご歸慧を入れて炒める
ゥ縫ウリを入れて炒める
μI佞韻蓮¬A后Δ澆蠅鵝水だけ

で、皿に盛り付けて出来上がり。
(かなりいけますよ)

きのりん * レシピ * 17:57 * comments(0) * - * - -
このページの先頭へ